03-3560-6533 受付時間
平日10:00~18:00



トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社  


< ケーススタディトップへ戻る

 

 

ロボットは、人と同じように
オーダーを個別判別し人の何倍ものスピードで
業務を処理してくれている。
多くの人的リソースを必要とする業務において、ロボットはその真価を発揮してくれるだろう。

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社
長田 知之氏

導入背景

・増加するECの様々なご要望の受注処理業務にオペレーションが追い付かず、発送遅れなどのCS満足度低下等の要因となっていた。
・社内システムを新たに開発することは難しく、現状の環境のままオペレーションを改善する仕組みを作らなければならなかった。

導入成果

・既存の環境のまま、個別のご要望のある受注処理を自動化し。オペレーションを大幅に改善することに成功した。
・出荷スピードが飛躍的に向上し、エンドユーザーの満足度向上に成功した。
・浮いたリソースを他の活動に投入することが可能になった。

現状のシステムを変更することなく、オペレーションを効率化するため、ロボットを選択した。

1対1で取引を行う店舗と違い、無数の顧客に対する取引を処理しなければならないECの現場。その膨大な取引を素早く・ミスなく処理する、顧客の要望に応じた対応の為、ロボットは導入された。

受注処理のオペレーションが限界に達し、出荷までに時間がかかるという状況が続いていました。」トリンプ・インターナショナル・ジャパンにてEC事業を担当する、長田知之氏は言う。
「一刻も早くオペレーション改善の仕組みを作る必要があったのですが、システム連携や開発には非常に時間とコストがかかることが大きなネックとなっていたのです。」
社内すべてのシステム戦略を担うシステム部門が、特定の部門のみで使用するシステムの開発を行うことは難しい。
また、データとして連携できない”顧客要望対応”も多く、
今までと同じ環境のままで、更にオペレーションを効率化できる方法はないものだろうか。

そんな中で出会ったのがロボットであった。
「ロボットは人と同じように業務を処理し、かつ処理スピードが速い。ロボットであれば、新たにシステム開発を行うことなく、受注処理のオペレーションを効率化することができると思ったので、ロボットを導入することに決めました。」

受注処理自動化ロボットが、人の何倍ものスピードで休まず業務を処理

ロボットは、社外のECサイトで行われた取引に対して、社内外のシステムをまたいで、発送に至るまでの受発注業務を一貫して行っている。
「ロボットは、休むことなく、何人もの人が行う業務を行ってくれているので、大変助かっています。また、受注データ等に含まれていない情報の処理や、人が行わなくてはならないオペレーション作業についても判断し、処理を実行、データ連動ができないシステムとの繋ぎこみの役割もこなしてくれています。」
ECサイトごとに担当を割り当てて作業していたのを、ロボットが代行することによって、大幅なオペレーション改善に成功している。
「ECサイトごとに担当を割り当てて、つきっきりで作業させていたのが、大半がロボットになりました。人であれば最低限かかる時間が、ロボットであればかなり短くなりますし、煩雑な作業もミスなく処理してくれます。」

ロボットによって素早く受注処理を行うことができるようになり、出荷遅れもなくなった。
「ロボットがリアルタイムで処理を行うことで、今までより早くお客様へ商品をお届けすることができるようになりました。」
商品を購入したエンドユーザーの満足度も高まっているという。

我々だけでなく同じような問題を抱えている企業に是非使ってほしい

ロボットは、いろいろな用途で活用できると思います。例えば、お客様から頂いたレビューや問い合わせをECサイトにリアルタイムでアップロードしたりすることで、お客様とリアルタイムでコミュニケーションを取れる仕組みができるのではないかと考えています。」
ロボットの処理スピード、休まず働くという点を上手く利用できる。休日や勤務時間外は人では作業できないが、ロボットであれば問題ない。
チャレンジングな構想だが非常に面白く、ECの新たな流れをつくることができるかもしれない。

「同じようにECを行う企業様に、どんどんロボットを導入頂きたいと考えています。」
ECの業界では、同じような課題を抱えている企業が多くあるという。
自社でロボットを利用するだけではなく、ロボットを使用して業界の課題を解決できると長田氏は言う。
複数のサイト運営を行う場合、システム仕様により処理を自動化するにはその都度、システム開発に伴う時間とコストが発生しますが、ブラウザで操作可能なロボットはそれを素早く連携し、また随時機能追加をすることの出来るので、多くの企業で受け入れられると思います。もっとロボット導入する企業を増やしていきましょう。」

導入製品-トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社

 

 




 


© 2017 RPA Technologies, Inc. All rights reserved.